電話でチェック

キャバクラでは、お店に入る前に希望する女の子を指名することを、「本指名」と言います。
本指名するためには、別途料金が必要になるのが普通です。ですが、自分が好みの女の子に、確実に接待してもらうことができます。

本指名がしたくても、自分のお目当ての女の子が出勤していなければ意味がありません。
特に、昼キャバでは、学業や家事の合間にアルバイトしている女の子も多いため、出勤スケジュールがつかみにくいことがあります。
どうしても特定の女の子に接待してほしい時は、事前にお店に電話して、出勤するかどうかを確認すると良いでしょう。事前に電話を入れることによって、自分がその女の子を気に入っているということをアピールすることもできます。

アットホーム

キャバクラでは、自分の好みの女の子を指名して、自分の席に呼ぶことができます。そのスタイルは、朝キャバ・昼キャバ・夜キャバの全てに共通です。
自分好みの女の子がいる店を見つけることが、キャバクラを満喫するコツの1つです。
一般的に、キャバクラは明るくさと華やかさをウリにした飲食店です。そのため、キャバクラで働いている女の子たちも、明るくて華やかな女の子が多いものです。
そのため、みんなでわいわい盛り上がる雰囲気が苦手な男性や、落ち着いた雰囲気が好きな男性の場合、夜キャバの空気が肌に合わないこともあるかもしれません。

そんな人は、昼キャバに行ってみることをオススメします。
昼キャバは、夜キャアに比べてアットホームで落ち着ついた雰囲気のお店が多いからです。
昼キャバを訪れる客層や働いている女の子のタイプは、夜キャバのそれとは異なります。
夜キャバはサラリーマン同士で連れ立ってくるお客さんが多いので、宴会のように盛り上がる傾向があります。一方、昼キャバは、ナイトワーク系の仕事をしている男性が多く、一人で訪れるお客さんもたくさんいます。
そのため、夜キャバより落ち着いた雰囲気となっています。
また、昼キャバで働いている女の子は、ナイトワーク系の雰囲気が薄い女性が多い傾向があります。それは、昼キャバなら、夜キャバのように夜間に働く必要がないからだと考えられます。
学生や主婦などは、生活スタイルを崩したくないため、夜には働きづらいものです。そのため、夜キャバではなく朝キャバや昼キャバを選ぶ学生や主婦が多いのです。

昼キャバに行けば、夜キャバとは違った落ち着いた店内で、水商売独特の雰囲気の薄い女性と楽しいひとときを過ごすことができるでしょう。

夜勤明け

朝キャバや昼キャバは、夜の時間帯に働いている男性にもオススメです。
例えば、居酒屋やバーで働いていると、夕方に出勤して早朝に上がるというペースが多いでしょう。仕事場を離れる頃には、既に夜キャバの営業時間は終わっています。
そのため、一般的なサラリーマンのように、仕事終わりにキャバクラでは羽を伸ばすことは難しいでしょう。
ですが、朝キャバや昼キャバなら、午前中から営業しています。特に、朝キャバなら、午前5時頃に開店するお店もたくさんあります。そのため、居酒屋やバーでの仕事を終えた後に立ち寄るのにピッタリです。

実際に、朝キャバや昼キャバを利用する人の中には、居酒屋やバーのオーナー、ホストクラブの店員や経営者などがたくさんいます。
夜に仕事をしている者同士、交流を深めるきっかけにもなることでしょう。同業者が多いので、情報交換の場としても役立つかもしれません。

近年では、コンビニ、ファミレス、ファーストフード店、スーパーなども24時間営業の店が増えてきました。夜10時以降に働くと賃金に深夜手当がつくため、あえて深夜の時間帯に働いている人も多いことでしょう。
夜から早朝にかけて働いていると、一般的な夜キャバを利用する時間はなかなか得られません。そんな人でも、朝キャバや昼キャバなら利用することができるでしょう。
朝キャバや昼キャバは、夜キャバよりアットホームな店も多いので、一人でも気軽に足を運ぶことができます。
夜勤を終えて一杯飲みたい時や、女の子に仕事の愚痴を聞いてもらいたいときなどに、ぜひ利用してみることをオススメします。朝キャバや昼キャバでリフレッシュするという楽しみが見つかれば、辛い夜勤もきっと乗り越えることができるでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

Bookmarks